不動産の売却を具体的にお考えの場合、まずは不動産会社にご相談ください。
ご所有の不動産の売却価格だけでなく、お客様の様々なご事情や要望を考慮のうえ、現在の住宅ローンの処理や売却資金の受け取る時期、
諸費用を引いた手取り金額の算出などのアドバイスをいたします。

通常、不動産の査定方法は次の2種類があります。

お客様からいただいた物件情報と周辺売出事例や成約事例などにもとづき、概算での査定価格をご提示いたします。ご所有不動産の現地調査などはおこないませんので、売却にあたっては訪問査定(実査定)が必要です。

営業スタッフがご所有不動産の現地に赴き物件の使用状況や敷地の状況などを確認します。
法務局や役所調査を経て権利上や法令上の問題点の有無を把握し、市場動向や豊富な取引事例、希少性などを基に査定価格をご提示
いたします。

ご売却が決まったら不動産会社に売却を依頼するための、媒介契約を締結していただきます。媒介契約には次の3種類があります。

不動産会社は、売却活動の実施状況を1週間に1度以上、文書で報告しなくてはなりません。

不動産会社は、指定流通機構(レインズ)への物件登録を5営業日以内におこなわなければなりません。

売り主様は、他の不動産会社へ重ねて売却の依頼をすることはできません。

売り主様が自ら発見した購入者と直接取引き(売買契約)をすることはできません。

不動産会社は、売却活動の実施状況を2週間に1度以上、文書で報告しなくてはなりません。

不動産会社は、指定流通機構(レインズ)への物件登録を7営業日以内におこなわなければなりません。

売り主様は、他の不動産会社へ重ねて売却の依頼をすることはできません。

売り主様が自ら発見した購入者と直接取引き(売買契約)をすることができます。

不動産会社は売却活動の実施状況を報告する義務は負いません。

不動産会社は、指定流通機構(レインズ)への物件登録をおこなう義務はありません。

売り主様は、他の不動産会社へ売却の依頼をすることができます。

売り主様が自ら発見した購入者と直接取引き(売買契約)をすることができます。

媒介契約を締結すると、不動産会社は様々な販売活動をおこない購入希望者を探します。

既に当社に登録されている多数の購入希望者に物件をご紹介します。

物件情報を他の不動産会社へ幅広く公開し、購入希望者を探します。

当社ホームページ・yahoo!不動産・アットホーム等へ掲載し、幅広く
販売活動を行います。

当社にてチラシを作成、配布することにより購入希望者を探します。

媒介契約の種類によって、専属専任媒介契約の場合は1週間に1回以上、専任媒介契約の場合は2週間に1回以上おこないます。

ご見学を希望されるお客様が見つかったら営業スタッフから連絡が入ります。日時の調整が済みましたら、良い印象を与えるよう準備をします。

買い主様が見つかって、契約諸条件が整いますと、いよいよご契約となります。 売り主様として事前に準備しておかなければならないことが
あります。

権利証が見当たらなくて、当日慌てることのないようにしましょう。

雨漏りや白蟻、瑕疵の有無やエアコン・照明器具などの有無、故障・不具合などの状況の細かなものにまでチェック項目があります。
現在の状況をきちんと報告することが後々のトラブルを防ぎます。
契約当日は、契約書の内容や取り決め事項を確認し、問題がなければ、売り主様・買い主様が署名・捺印し、契約の完了となります。

売り主様と買い主様が、契約内容についての署名・捺印を行い正式な売買契約を行います。

印鑑・身分証明・収入印紙

売り主様は残金決済の日までに、隣地との境界確認、お引越しや不用品の撤去などを済ませ、買い主様へ引渡せる状態にしておきます。
お買い換えで売却代金を新居の購入資金にあてる場合などは、引越しと残金決済のスケジュールを上手に調整しなくてはなりません。

営業スタッフとしっかり打ち合わせをしてください。
買い主様へ引渡せる状態とは、売買契約時に取り交わした「物件状況報告書」、「設備表」の内容と相違がないようによく確認をしましょう。


売買契約で締結された内容に沿って残代金を受領した後、物件の引渡しをおこないます。


取引終了後、隠れた不具合(瑕疵)が見つかった場合、以下の不具合については売り主様が自己の責任と負担において、その不具合を修復しなければならない場合があります。
この場合、当社が仲介業者として窓口となりますので、直接買い主様と交渉するということはありませんのでご安心ください。